*COMPLEX FREQUENCY
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*CONDUCTIVITY 上へ:Input deck format 前へ:*CLOAD 目次へ


*COMPLEX FREQUENCY

キーワードのタイプ:ステップ

このプロシージャ・カードはコリオリ力を考慮した周波数を決定するために使用されます(セクション6.9.3を参照)。まず *FREQUENCY ステップを設定し、固有値と固有モードをコリオリ力無しで計算しておく必要があります(*FREQUENCY ステップで、固有モードと固有値を .eig ファイルに保存するために STORAGE=YES を使用することを忘れないでください)。*FREQUENCY ステップは必ずしも同じ入力デッキに設定する必要はありません。このプロシージャ・カードには必須パラメーター CORIOLIS があります。

求める固有周波数の数は *FREQUENCY ステップの対応する数を超えてはいけません。


1行目:

2行目:

例:
*COMPLEX FREQUENCY,CORIOLIS
10

上記では小さい順に 10 個の固有周波数と固有モードを求めています。


サンプルファイル: rotor



guido dhondt 2016-03-08