*DSLOAD
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*DYNAMIC 上へ:Input deck format 前へ:*DLOAD 目次へ


*DSLOAD

キーワードのタイプ:ステップ

このオプションを使うとサブモデル境界の断面応力を指定することができます(*SUBMODEL を参照)。必須パラメーターは SUBMODEL、STEP の2つです。*DSLOAD カードの下に列挙した面に対して、グローバルモデルからの内挿によって断面応力が計算されます。これを行なうためには、それらの面は TYPE=SURFACE の *SUBMODEL カードの一部になっていなければなりません。後者のカードではさらにグロバールモデル結果ファイルの名前を列挙する必要があります。STEP パラメーターではグローバルモデルのステップを指定します。このステップは内挿時に使用されます。ステップ内に複数の結果インクリメントが保存されている場合には最後のインクリメントが使用されます。分布荷重タイプラベルの変換ルールは *DLOAD カードと同じです。


1行目:

表面荷重の場合は以下の行

必要な場合はこの行を繰り返します。

例:
*DSLOAD,SUBMODEL,STEP=4
Se1,P3

上記ではセット Se1 に属する全ての要素の面3に設定を行なっています。断面応力はグローバルモデルのステップ4から内挿して決定されます。


サンプルファイル: 無し


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*DYNAMIC 上へ:Input deck format 前へ:*DLOAD 目次へ
guido dhondt 2016-03-08