*ELEMENT
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*ELEMENT OUTPUT 上へ:Input deck format 前へ:*ELECTROMAGNETICS 目次へ


*ELEMENT

キーワードのタイプ:モデル定義

このオプションを使用すると要素を定義できます。必須パラメーターは TYPE、オプションパラメーターは ELSET です。パラメーター TYPE は定義される要素の種類を定義します。選択できるのは以下のタイプです。

S8、S8R、CPS8、CPS8R、CPE8、CPE8R、CAX8、CAX8R、B32、B32R 要素は内部的には20節点ブリック要素に拡張されることに注意してください。詳細とどの要素を使用するかの判断基準についてはセクション6.2を参照してください。どの要素を使うかは結果の質に大きな影響を与えます。軽率に要素を選ばないでください! パラメーター ELSET は要素セットに要素を割り当てる際に使用されます。セットがすでに存在する場合、要素はそのセットに追加されます。


1行目:

以降の行:

必要な場合はこの行を繰り返します。

例:
*ELEMENT,ELSET=Eall,TYPE=C3D20R
1,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,
16,17,18,19,20

上記では20節点の低減積分要素をひとつ定義し、セット Eall に設定しています。


サンプルファイル: beam8p、beam10p、beam20p


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*ELEMENT OUTPUT 上へ:Input deck format 前へ:*ELECTROMAGNETICS 目次へ
guido dhondt 2016-03-08