*MAGNETIC PERMEABILITY
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*MATERIAL 上へ:Input deck format 前へ:*INITIAL CONDITIONS 目次へ


*MAGNETIC PERMEABILITY

キーワードのタイプ:モデル定義、材料

このオプションを使用すると材料の透磁率を定義できます。パラメーターはありません。材料は等方性と仮定され、定数は温度依存可能です。透磁率の単位は力単位を電流単位の2乗で割ったものです。SI単位系ではこれは N/A2 または Henry/m になります。透磁率は 相対透磁率(無次元) μr と真空透磁率 μ0 をかけたものと見なすこともできます。

以下の透磁率定数では、ユーザーはその材料が使用されている領域を定義する必要があります。電磁計算では3つの領域があります。

  1. 空気である P-領域(領域1)
  2. 物体である A,V-領域(領域2)
  3. 物体材料で満たされている場合には複数物体が完全につながっているとされる空気の一部である A-領域(領域3)。物体が1つだけで完全に一体となっている場合にはA-領域は空になります。

章さについては電磁気学のセクションを参照してください。


1行目:

以降の行:

完全な温度依存性を定義する必要がある場合はこの行を繰り返してください。

例:
*MAGNETIC PERMEABILITY
1.255987E-6,2

上記から透磁率が1.255987×10-6で、温度依存しないことがわかります(SI単位系が使用されている場合にはこれは銅の透磁率になります)。この材料が定義されてる領域はA,V-領域です。


サンプルファイル: induction


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*MATERIAL 上へ:Input deck format 前へ:*INITIAL CONDITIONS 目次へ
guido dhondt 2016-03-08