*NSET
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*ORIENTATION 上へ:Input deck format 前へ:*NORMAL 目次へ


*NSET

キーワードのタイプ:モデル定義

このオプションを使うと節点を節点セットに割り当てることができます。セット名(最大80文字)を格納するパラメーター NSET は必須パラメーター、パラメーター GENERATE(値無し)はオプションパラメーターです。このパラメーターが存在する場合には節点範囲を指定することができます。範囲は初期値、最終値、増分で表現されます。すでに同じ名前のセットが存在する場合には、そこに追加されます。セットの名前では大文字小文字は区別されません。内部的にはセット名は大文字に変換され、節点セットを表すための「N」が追加されます。また内部的には節点は入力した順に保持され、並び替えは行なわれません。


1行目:

GENERATE が省略された場合には以下の行

必要な場合はこの行を繰り返します。

GENERATE パラメーターが指定された場合は以下の行

必要な場合はこの行を繰り返します。

例:
*NSET,NSET=N1
1,8,831,208
*NSET,NSET=N2
100,N1

上記では番号1、8、831、208の節点をセット N1 に、番号1、8、831、208の節点(=セット N1)と番号100の節点をセット N2 に割り当てています。


サンプルファイル: segmentm、shell2


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*ORIENTATION 上へ:Input deck format 前へ:*NORMAL 目次へ
guido dhondt 2016-03-08