*SUBSTRUCTURE GENERATE
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*SUBSTRUCTURE MATRIX OUTPUT 上へ:Input deck format 前へ:*SUBMODEL 目次へ


*SUBSTRUCTURE GENERATE

キーワードのタイプ:ステップ

このプロシージャを使うとサブ構造体を生成し、*SUBSTRUCTURE MATRIX OUTPUT カードを使ってその剛性行列を保存することが可能です。荷重は適用されません、

オプションパラメーターは SOLVER の1つだけです。このパラメーターは続く方程式系を解くのに使用されるパッケージを決定します。設定できるのは以下のソルバーです。

デフォルトは「PARDISO、SPOOLES」の中でインストールされていて、リストで最初に来るものです。どれもインストールされていない場合はサブ構造体の生成を行なうことはできません。


1行目:

例:
*SUBSTRUCTURE GENERATE,SOLVER=PARDISO

上記ではサブ構造体生成ステップを定義し、そのステップでの線形方程式ソルバーとして PARDISO を選択しています。動作させるには CalculiX に PARDISO ソルバーがリンクされている必要があります。


サンプルファイル: substructure



guido dhondt 2016-03-08