初期応力場(sigini.f)
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:User-defined loading 上へ:User-defined initial conditions 前へ:Initial internal variables (sdvini.f) 目次へ


初期応力場(sigini.f)

このサブルーチンは *INITIAL CONDITIONS,TYPE=STRESS カードのパラメーター USER で特徴づけられるユーザー定義内部応力のために使用されます。ヘッダーと入出力変数の意味は以下の通りです。

      subroutine sigini(sigma,coords,ntens,ncrds,noel,npt,layer,kspt,lrebar,rebarn)
!
!     ユーザーサブルーチン sigini
!
!     入力:
!
!     coords             積分点の座標
!     ntens              定義される応力の数
!     ncrds              座標の数
!     noel               要素番号
!     npt                積分点番号
!     layer              現在は不使用
!     kspt               現在は不使用
!     lrebar             現在は不使用(値:0)
!     rebarn             現在は不使用
!
!     出力:
!
!     sigma(1..ntens)    成分店での初期応力値。ntens=6 の場合、成分の順序は11、22、33、12、13、23。
!



guido dhondt 2016-03-08