ABAQUS umat ルーチン
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:User-defined thermal material laws. 上へ:User-defined mechanical material laws. 前へ:User-defined mechanical material laws. 目次へ

ABAQUS umat ルーチン

ABAQUS umat ルーチンをインクルードするための2つのインターフェースが用意されています。umat_abaqus は線形材料をインクルードするためのもの、umat_abaqusnl は非線形材料のためのものです。非線形材料では対数ひずみと無限小回転が計算され、これらのために計算速度が低下します。従って非線形ルーチンは必要な場合だけ使うようにすべきです。

線形ルーチンは材料名の先頭に ABAQUS と挿入することで有効化されます。材料名の全体の長さは80文字を超えてはならないので、適切な材料名のために74文字が残されています。例えば ABAQUS ルーチンでの材料名が「WOOD」でれば CalculiX の入力ファイルでは「ABAQUSWOOD」と指定する必要があります。「ABAQUS」部分は umat ルーチンに処理が移る前に名前から取り除かれます。

非線形ルーチンは材料名の先頭に ABAQUSNL と挿入することで有効化されます。

場 sse、spd、scd、rpl、ddsddt、drplde、drpldt、predef、dpred、drot、pnewdt、celent、layer、kspt は今のところサポートされていません。これらの場が必要な場合は「dhondt@t-online.de」に連絡してください。また以下の場は異なる意味を持ちます。


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:User-defined thermal material laws. 上へ:User-defined mechanical material laws. 前へ:User-defined mechanical material laws. 目次へ
guido dhondt 2016-03-08