↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ

FreeCAD 画像ファイルからソリッドを作成する

更新:2017/7/9
FreeCAD 0.16

画像ファイルを取り込んでソリッドを作成する手順を説明します。

PNG形式の元画像 PNG 形式の元画像
ソリッド化の結果 ソリッド化の結果

ビットマップ形式から SVG 形式への画像変換

元画像ファイルが PNG 形式や JPEG 形式の場合には最初に SVG 形式に変換する必要があります。以下の例ではInkscape(バージョン0.91)を使用して PNG 形式画像を SVG 形式画像に変換しています。

  1. Inkscape を起動し、メニューの[ファイル]-[インポート...]を選択します。ファイルダイアログで画像ファイルを選択するとインポート用のダイアログが表示されるのでOKボタンをクリックしてインポートします。

[ファイル]-[インポート...]を選択 [ファイル]-[インポート...]を選択
インポート用ダイアログ(PNG形式の場合) インポート用ダイアログ(PNG 形式の場合)
  • 読み込んだ画像をウィンドウ上でクリックして選択し、メニューの[パス]-[ビットマップのトレース...]を選択します。表示される「ビットマップのトレース」ダイアログで「明るさの境界」が選択されていることを確認してからOKボタンをクリックします。変換が終わったらウィンドウ右上のクローズボタンでダイアログを閉じます。

    [パス]-[ビットマップのトレース...]を選択 [パス]-[ビットマップのトレース...]を選択
    「ビットマップのトレース」ダイアログ 「ビットマップのトレース」ダイアログ
  • これで元画像に重なるようにベクター画像が生成されます。画像をドラッグして元画像の上から移動させ、元画像は削除します。

  • メニューの[ファイル]-[名前を付けて保存...]を選択し、画像を SVG 形式ファイルとして保存します。

    [ファイル]-[名前を付けて保存]を選択 [ファイル]-[名前を付けて保存...]を選択
  • SVG 形式画像のインポートとソリッド化

    以上で SVG 形式の画像ファイルが用意できました。次にこのファイルを FreeCAD にインポートし、ソリッド化します。

    SVG形式の画像 SVG 形式の画像
    1. FreeCAD を起動して新しいドキュメントを作成します。

    2. SVG 形式ファイルを 3D ビューにドラッグ&ドロップするとインポート用のダイアログが表示されるので「SVG as geometry (importSVG)」を選択してSelectボタン押し、インポートを行います。

      SVG形式ファイルのインポート用ダイアログ SVG 形式ファイルのインポート用ダイアログ
      インポート結果 インポート結果
    3. SVG 画像の内容はパス(線)としてインポートされるのでこれを面データに変換します。ドラフトワークベンチドラフトワークベンチに移動した後、モデルツリーで全ての部品を選択してアップグレードDraft_Upgradeを実行し、面データに変換します。SHIFTキーを押しながらクリックするとモデルツリーで複数部品を選択することができます。

      面データへの変換結果 面データへの変換結果
    4. 次にパートワークベンチパートワークベンチに移動し、モデルツリーで全ての部品を選択して押し出しPart_Extrudeを実行します。押し出し用ダイアログで「Length」を 10 mm に設定し、OKボタンをクリックして押し出します。

      押し出し用ダイアログ 押し出し用ダイアログ
      押し出し結果 押し出し結果
    5. 最後に作成したソリッドをひとつにまとめます。モデルツリーで全ての部品を選択して和演算(ブーリアン演算)Part_Fuseを実行します。

      Inkscape-Import 和演算による結合結果

    以上で画像からソリッドを作成することができました。