↑ページトップへ

FreeCAD ソリッドを平面で切断する

更新:2021/5/15
FreeCAD 0.19

ここでは作成した3次元形状を平面で切断する手順を説明します。この機能を使うと任意の3次元形状を平面で切断できます。

SliceApart-before
SliceApart-after
  1. 平面で切断する対象となる形状を FreeCAD で作成、またはファイルから読み込ます。

    図. 切断対象となる形状
    切断対象となる形状
  2. 切断平面を作成するためにドラフトワークベンチDraft workbenchに移動します。

  3. 四角形の作成Draft_Rectangleで四角形を描き、アップグレードDraft_Upgradeします。

    図. 切断面の作成
    切断面の作成
  4. 必要があれば平面のデータ・プロパティーの [Placement]-[Angle]、[Placement]-[Position] などを変更して平面の方向、位置を調節します。

    Arch_CutPlane_face_data
    Arch_CutPlane-face
  5. 切断を行うためにパートワークベンチPart workbenchに移動します。

  6. まず切断されるソリッドを 3D ビュー上でダブルクリックして選択します。

    Arch_CutPlane-select1
  7. 続いてCtrlキーを押しながら 3D ビュー上で切断用平面をクリックして選択します。

    Arch_CutPlane-select2
  8. スライス切断Part_SliceApartを実行すると切断が実行されます。

    図. スライス切断(ツールバー)
    スライス切断(ツールバー)
    図. 切断結果(3Dビュー)
    切断結果(3Dビュー)

    各断片はモデルツリーではグループ(以下の例では「Exploded Slice」)下に置かれます。

    図. 切断前のモデルツリーのスクリーンショット
    切断前のモデルツリー
    図. 切断後のモデルツリーのスクリーンショット
    切断後のモデルツリー
  9. 切断直後は切断面が合わさった状態になっています。モデルツリー上で片方を右クリックして「Transform」で移動させると切断面を確認できます(「FreeCAD オブジェクトのコピー、移動、回転」参照)。

    図. 一方の断片を「Transform」で移動
    一方の断片を「Transform」で移動
    図. 一方の断片を移動(3Dビュー)
    一方の断片を移動(3Dビュー)

参照