↑ページトップへ

FreeCAD 形状を曲面へ投影する

更新:2021/7/14
FreeCAD 0.19

ここでは面やエッジを曲面に投影して新たな形状を作成する方法を説明します。この機能を使用すると曲面に対して文字や画像などを投影して形状を作成できます。

図.文字列形状を円筒面上に投影した結果
文字列形状を円筒面上に投影した結果

手順

  1. 投影される形状と投影先の曲面形状を用意します。例では投影される形状としてシェイプストリングDraft_ShapeStringで作成した文字列形状を使用しています(「文字列のソリッド化」参照)。

    図.投影される形状と投影面
    投影される形状と投影面
  2. 面への投影面への投影を実行すると投影用のダイアログが表示されます。

    図.面への投影用のダイアログ
    面への投影用のダイアログ
  3. まずSelect projection surfaceボタンを押してから、3Dビュー上で投影先となる面を選択します。投影先の面が設定されるとその面を含む形状が半透明表示になります。

    図.投影面の設定
    投影面の設定
  4. 次に投影方向を設定します。Get current camera directionボタンを押すと投影方向として3Dビュー上での現在の視線方向が設定されます。またXYZのボタンを押すと投影方向としてX、Y、Zの各方向が設定されます。

    図.投影方向の設定
    投影方向の設定
  5. 次に投影される形状を設定します。Add faceボタンを押してから3Dビュー上で投影される形状(面)を選択します。設定した面を投影される形状から除外したい場合は再度3Dビュー上で選択することで可能です。設定が終わったら再度Add faceボタンを押して設定を終了します。

    図.面の追加
    面の追加

    なおAdd wireAdd edgeを使用するとエッジ単位での設定も可能です。

    図.エッジ単位での追加
    エッジ単位での追加
  6. 次に投影方法を「Show all」「Show faces」「Show Edges」から選択します。それぞれの投影結果は以下のようになります。

    図.立体として投影
    「Show all」立体として投影
    図.面として投影
    「Show faces」面として投影
    図.線として投影
    「Show Edges」エッジとして投影
  7. 最後に押し出しパラメーターを設定します。パラメーターは以下の通りです。

    押し出しパラメーター
    パラメーター意味
    Extrude heigh投影時の押し出し高さ。面やエッジとして投影した場合は無視されます。
    Solid depth投影面からの投影結果形状の平行移動量
    図.押し出しパラメーターを調整
    押し出しパラメーターを調整
  8. パラメーター設定後にOKをクリックすると投影結果の形状が作成されます。結果形状の色を変更したい場合は作成した結果形状をモデルツリー上で選択し、ビュータブの「Line Color」「Point Color」「Shape Color」を変更します。

    図.ビュータブでの色の変更
    ビュータブでの色の変更
    図.色を変更した結果
    色を変更した結果

    投影結果の形状は投影先の形状(曲面)とは別のソリッドとなるので、必要に応じてブーリアン演算で結合(和演算)、切り抜き(差演算)などを行います。

参照