↑ページトップへ

FreeCAD らせん状にスイープして加算

更新:2021/7/16
FreeCAD 0.19
  • 概要

    動作軸の周りにスケッチをらせん状に押し出して3次元形状を作成し、既存形状へ追加します。
    アイコンPartDesign_AdditiveHelix
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Create an additive feature]-[Additive helix]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. まずスケッチの新規作成Sketcher_NewSketchからスケッチの作成・編集を行い、スイープ対象用の断面スケッチを作成します。

      図.スイープ用のスケッチ
      スイープ用のスケッチ
    2. モデルツリー上でスイープ対象用の断面スケッチを選択し、らせん状にスイープして加算PartDesign_AdditiveHelixを実行するとコンボビューのタスク・タブにスイープ用のダイアログが表示されます。

      図.スイープ用のダイアログ
      スイープ用のダイアログ
    3. パラメーターを設定してOKをクリックするとらせん状にスイープした形状が作成されます。パラメーターは以下の通りです。

      • Axis
        らせんの軸。スケッチ平面の水平軸・垂直軸、基準座標系のX軸・Y軸・Z軸、または任意の参照線(別スケッチや別形状に含まれる線など)の中から選択できます。
      • Mode
        作成モード。モードによってらせん形状の指定パラメーターが変わります。以下の3つのモードが使用可能です。
        • Pitch-Heigh:らせんの「1回転分の高さ(ピッチ)」と「全体の高さ」でらせん形状を指定します。
        • Pitch-Turns:らせんの「1回転分の高さ(ピッチ)」と「全体の巻数」でらせん形状を指定します。
        • Heigh-Turns:らせんの「全体の高さ」と「全体の巻数」でらせん形状を指定します。
      • Cone Angle
        らせんが進むにつれて開いていく角度
      • Left handed
        チェックした場合、らせんの回転方向が左ねじ方向(反時計回り)になります。チェックの無い場合は右ねじ方向(時計回り)です。
      • Reversed
        チェックした場合、らせんが軸の負方向に伸びます。
      • Update view
        チェックした場合、パラメーター変更時に3Dビューの表示を更新します。
    4. 以下のような形状が作成されます。

      図.Pitch:50 mm、Heigh:150 mm
      Pitch:50 mm、Heigh:150 mm
      図.Cone Angle:15°
      Cone Angle:15°
      図.Left handed:チェックあり
      Left handed:チェックあり

      パラメーター Reversed をチェックすると以下のようにスケッチかららせんが伸びる方向が反転します。

      図.Reversed:チェックなし
      Reversed:チェックなし
      図.Reversed:チェックあり
      Reversed:チェックあり
  • 注意点

    作成後にパラメーターを変更する場合はスイープ結果アイテムをモデルツリー上でダブルクリックして再度ダイアログで設定を行ないます。

  • 参照

    PartDesign AdditiveHelix - FreeCAD documentation(英語)