↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD 円錐台の加算

更新:2018/7/15
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作上底半径、下底半径、高さ、円周角を設定できる円錐台を作成し、既存形状へ追加します。
    アイコンPartDesign_Additive_Cone
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Create additive primitive]-[Additive Cone]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. 円錐台の加算PartDesign_Additive_Coneを実行するとコンボビューのタスク・タブに円錐台の作成ダイアログが、また3Dビューに形状のプレビューが表示されます。

      PartDesign_Additive_Cone_tasks円錐台の作成ダイアログ
      PartDesign_Additive_Cone1形状のプレビュー
    2. まず円錐台の上底半径、下底半径、高さ、円周角を設定します。

      PartDesign_Additive_Cone_tasks上底半径、下底半径、高さ、円周角の設定
    3. 次にアタッチメント設定で、座標系や既存形状に対して作成する形状をどのように配置するかを設定します。

      例えば3Dビュー上で既存の形状の面をクリックしてからアタッチメントモードで「XY on plane」を選択すると、その面に接するように作成する形状が配置されます。さらにオフセット値を設定すれば基準となる面からの位置を指定することも可能です。

      Share_PartDesign_tasks_attachmentモード「XY on plane」
      Share_PartDesign_tasks_attachment2オフセット値の設定

      既存の形状に依存させる必要がない場合はアタッチメントモードで「Deactivated」を選択します。アタッチメント設定の詳細については形状のアタッチPart_Attachmentを参照してください。

    4. ダイアログのOKボタンをクリックするとアクテイブなボディー内に円錐台が作成されます。既存形状が存在する場合はそれに結合した状態で円錐台が作成されます。

      PartDesign_Additive_Cone2既存形状がある場合のプレビュー
      PartDesign_Additive_Cone3既存形状に結合された円錐台
  • 注意点

    作成後にパラメーターを変更する場合はコンボビューのデータ・タブで直接編集するか、または作成した円錐台をモデルツリー上でダブルクリックして再度ダイアログで設定を行ないます。

    PartDesign_Additive_Cone_datatabコンボビューのデータ・タブ
  • 参照

    PartDesign AdditiveCone - FreeCAD documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ