↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD ロフトして加算

更新:2018/7/15
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作複数のスケッチをつないで3次元形状を作成し、既存形状へ追加します。
    アイコンPartDesign_Additive_Loft
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Additive loft]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. まずスケッチの新規作成PartDesign_Additive_Loftからスケッチの作成・編集を行い、複数の断面スケッチを作成します。

      PartDesign_Additive_Loft_modeltreeモデルツリー
      PartDesign_Additive_Loft1ロフト用の断面スケッチ

      ※1つ目のスケッチが編集状態になって2つ目のスケッチが作成できない場合はモデルツリー上でボディーを選択してから作成すると複数のスケッチを作成できます。

      ※同一ボディー内でスケッチを平行移動する場合はコンボビューのデータ・タブでスケッチのオフセット位置を変更します。

      Share_PartDesign_Additive_Loft_Sketch_datatabスケッチのオフセット位置を変更
    2. モデルツリー上でロフト開始位置となる断面スケッチを選択し、ロフトして加算PartDesign_Additive_Loftを実行するとコンボビューのタスク・タブにロフト用のダイアログが表示されます。

      PartDesign_Additive_Loft_tasksロフト(加算ロフト)用のダイアログ
    3. ダイアログ上でAdd Sectionボタンを押してから3Dビュー上でロフト対象となる断面スケッチをクリックして選択すると、選択した断面スケッチを順につなぐようにロフトが行われます。

      Share_PartDesign_Additive_Loft_tasks_AddSectionスケッチを選択した状態
      PartDesign_Additive_Loft2ロフト結果

      スケッチの選択を解除したい場合はRemove Sectionボタンをクリックしてから3Dビュー上で断面スケッチをクリックします。ロフト結果が邪魔で削除したいスケッチをクリックできない場合はモデルツリーでロフト結果アイテムを選択し、スペースキーを押していったん非表示にします。

    4. また「Ruled surface」をチェックすると断面を線織面でつなぐようにロフト操作が行われます。

      Share_PartDesign_Additive_Loft3「線織面」設定によるロフト結果
    5. ダイアログのOKボタンをクリックするとロフト操作が終了します。既存形状が存在する場合はそれに結合した状態でロフト結果が作成されます。

      PartDesign_Additive_Loft6既存形状がある場合のスケッチ
      PartDesign_Additive_Loft7既存形状に結合されたロフト結果
  • 注意点

    作成後にパラメーターを変更する場合はロフト結果アイテムをモデルツリー上でダブルクリックして再度ダイアログで設定を行ないます。

  • 参照

    PartDesign AdditiveLoft - FreeCAD documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ