↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD シェイプバインダーの作成

更新:2018/7/17
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作選択した点、辺、面、立体をまとめて1つの仮想形状を作成します。
    アイコンPartDesign_ShapeBinder
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Create a shape binder]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. 3Dビュー上で形状を選択し、シェイプバインダーの作成PartDesign_ShapeBinderを実行するとコンボビューのタスク・タブにシェイプバインダーの作成ダイアログが表示されます。

      PartDesign_ShapeBinder_tasksシェイプバインダーの作成ダイアログ
    2. ダイアログ上ではシェイプバインダーに含める形状の追加・削除が可能です。操作方法は以下の通りです。

      • 対象となる立体形状の変更:Objectボタンを押してから3Dビュー上で立体をダブルクリックします。
      • 対象となる点、辺、面の追加:Add Geometryボタンを押してから3Dビュー上で点、辺、面をクリックします。
      • 対象となる点、辺、面の削除:Remove Geometryボタンを押してから3Dビュー上で点、辺、面をクリックします。
    3. ダイアログのOKボタンをクリックするとシェイプバインダーが作成されます。シェイプバインダーは通常の形状と同様、位置合わせの基準やエクスポート対象として使用できます。

      PartDesign_ShapeBinder1元形状と選択面
      PartDesign_ShapeBinder2作成したシェイプバインダー
  • 注意点

    シェイプバインダーは別のボディーへ移動することができます。

    シ別のボディーへ移動する場合はモデルツリー上でシェイプバインダーを選択し、右クリック・メニューの「Move object to other body」で表示されるダイアログで移動先ボディーを選択してOKボタンをクリックします。

    PartDesign_ShapeBinder_contextmenu「Move object to other body」を選択
    PartDesign_ShapeBinder_MoveObjectToOtherBody移動先ボディーを選択
  • 参照

    PartDesign ShapeBinder - FreeCAD documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ