↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD 空洞化(パートデザインワークベンチ)

更新:2018/7/15
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作3次元形状を空洞化します。
    アイコンPartDesign_Thickness
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Thickness]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. 3Dビュー上でソリッドの面を選択して空洞化Part_Thicknessを実行するとダイアログが表示されます。

      ThicknessDialog

      空洞化は選択面が開放された形で行われます。

      Thickness2空洞化前
      Thickness3空洞化後
    2. パラメーター Thickness で壁の厚みを指定できます。

      Thickness3厚み:1.0
      Thickness4厚み:5.0
    3. パラメーター Join type を「Intersection」に切り替えることで壁の接合の仕方を変更できます。

      Thickness3Join type:Arc
      Thickness5Join type:Intersection
    4. 通常は形状の外側に向かって壁厚みが作成されますが、パラメーター Make thickness inwards を有効にすると形状の内側に向かって壁厚みが作成されます。

    5. パラメーター設定後、OKをクリックすると空洞化が実行されます。

  • 注意点

    複数面を選択して空洞化をおこなうことも可能です。

    Thickness6
    Thickness7
  • 参照

    PartDesign_Thickness
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ