↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ

FreeCAD シェイプを再構築

更新:2018/6/8
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作形状の表面を再構築することで不要な線を削除したコピーを作成します。
    アイコンPart_Refine_Shape
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part]-[Refine shape]
    ワークベンチパート
  • 使用方法

    1. モデルツリー上で処理対象となる形状を選択します。メニュー[Part]-[Refine shape]を実行します。例では直方体と円筒をブーリアン演算で一体化した形状を対象に処理を行っています。

      Part_Refine_Shape-modeltree-before処理前のモデルツリー
      Part_Refine_Shape-before元形状
    2. 処理を実行すると、不要な線が削除された形状が新たに追加されます。この新たな形状は元形状との間に依存関係を持ちません。

      Part_Refine_Shape-modeltree-after処理後のモデルツリー
      Part_Refine_Shape-after再構築の結果形状
  • 注意点

    • このツールは3Dプリンター使用時などに微細な形状エラーが起きないよう、形状作成の最終段階で使用するために用意されています。

    • 元形状との間に依存関係を持たせたい場合はOpenSCADワークベンチにあるシェイプの再構築ツール(メニュー[OpenSCAD]-[Refine Shape Feature])を使用してください。

    • FreeCAD バージョン0.17時点では下図の様な回転押し出しにともなってできる線については削除できません。

      Part_Refine_Shape-after回転押し出しにともなってできる線
  • 参照

    Part RefineShape - FreeCAD Documentation

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ