↑ページトップへ

FreeCAD 自由度のあるスケッチ要素を選択

更新:2019/4/29
FreeCAD 0.18
  • 概要

    動作スケッチが完全拘束されていない場合に自由度があるスケッチ要素を選択します。
    アイコンSketcher_SelectElementsWithDoFs
    ショートカットキーなし
    メニュー[Sketch]-[Sketcher tools]-[Select solver DoFs]
    ワークベンチスケッチャー
    備考このツールはツールバーには表示されません。
  • 使用方法

    スケッチが完全拘束されていない場合にメニュー[Sketch]-[Sketcher tools]-[Select solver DoFs]を実行すると、自由度が残っているスケッチ要素が選択されます。

    ツール実行前
    ツール実行前
    ツール実行後
    ツール実行後

    選択されたスケッチ要素の拘束を設定することでスケッチは完全拘束状態になります。

    完全拘束された状態
    完全拘束された状態
  • 注意点

    タスクタブのソルバーメッセージに表示される自由度のリンク(下図の例では「1 degree」)をクリックすることでも同じ操作が可能です。

    スケッチ編集中のタスクタブのソルバーメッセージ
    スケッチ編集中のタスクタブのソルバーメッセージ
  • 参照

    Sketcher SelectElementsWithDoFs - FreeCAD Documentation