↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ

FreeCAD 冗長な拘束を選択

更新:2018/6/5
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作スケッチを拘束する上で必要ない過剰拘束を選択します。
    アイコンSketcher_SelectRedundantConstraints
    ショートカットキーCtrl+Shift+R
    メニュー[Sketch]-[Sketcher tools]-[Select Redundant Constraints]
    ワークベンチスケッチャー
    備考このツールはツールバーには表示されません。
  • 使用方法

    スケッチ編集中にメニュー[Part Design]-[Sketcher tools]-[Select Redundant Constraints]を実行します。過剰拘束がある場合はその拘束が選択状態になるので、Deleteキーを押して削除するなどします。

  • 注意点

    スケッチを拘束する上で不要な拘束を「過剰拘束」と呼びます。例えば次の図では下辺と右辺に既に垂直拘束・水平拘束が設定されているため必ず直角になるにも関わらず、さらに直角拘束が設定され、過剰拘束になっています。

    Sketcher_SelectRedundantConstraints-sample過剰拘束の例

    過剰拘束がある場合でも作業自体は続けられますが、スケッチの再計算に時間がかかるようになったり、意図しない結果を生みやすくなったりするので通常は過剰拘束されないようにして作業します。

    過剰拘束がある場合にはスケッチ編集中に表示されるタスク・タブに赤字で警告が表示されるのでそこから選択・削除することもできます。

    Sketcher_SelectRedundantConstraints-tasktab過剰拘束時のタスク・タブ
  • 参照

    なし

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ