↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ

FreeCAD 参照モードへの切り替え

更新:2018/6/5
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作拘束を参照モードに切り替えます。
    アイコンSketcher_ToggleConstraint
    ショートカットキーなし
    メニュー[Sketch]-[Sketcher constraints]-[Toggle reference/driving constraint]
    ワークベンチスケッチャー
  • 使用方法

    • 既存の拘束を参照に変更する場合

      1. 寸法や角度など数値による拘束を選択してツールバー上の参照モードへの切り替えSketcher_ToggleConstraintを選択します。例では円に対する半径拘束が選択されています。
        Sketcher_ToggleConstraint-radius拘束の選択
      2. 拘束が参照に切り替えられ青色で表示されます。参照では数値が表示されるだけで拘束は無効化されるので、マウスドラッグなどで形状を変更できます。
        Sketcher_ToggleConstraint-radius-result実行結果
    • 参照を直接設定する場合

      拘束を選択していない状態でツールバー上の参照モードへの切り替えSketcher_ToggleConstraintを選択すると、寸法や角度など数値による拘束ツール(Constraint_LengthConstraint_InternalAngleなど)が参照モードになり青色のアイコンで表示されます。参照モード時には拘束ではなく参照が形状に設定されます。

  • 注意点

    • 参照を選択して再度、参照モードへの切り替えSketcher_ToggleConstraintを行うと拘束に戻せます。
    • 参照を選択していない状態で参照モード時に再度、参照モードへの切り替えSketcher_ToggleConstraintを行うと拘束モードに戻せます。
  • 参照

    なし

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ