↑ページトップへ

FreeCAD 寸法を3次元形状とリンク

更新:2018/8/27
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作寸法を3次元形状とリンクし、2次元投影ではなく3次元の値そのものを使用できるようにします。
    アイコンTechDraw_Dimension_Link
    ショートカットキーなし
    メニューなし
    ワークベンチテックドロー
  • 使用方法

    テックドローワークベンチの寸法ツール(TechDraw_DimensionTechDraw_Dimension_HorizontalTechDraw_Dimension_VerticalTechDraw_Dimension_Angleなど)は基本的には平面に投影された2次元図面上での寸法値が追加されます。従って3次元形状を斜めに投影したような図では3次元形状としての寸法と2次元図面上の寸法値が一致しなくなります。

    例えば下図では1辺が 10 mm の立方体を元にした3次元形状に対して、2次元図面では角度寸法が120度、辺の長さ寸法が 8.165 となってしまいます。実際の3次元形状に従った寸法(角度90度、辺の長さ 10 mm)を表示するには寸法追加後に3次元形状とのリンクTechDraw_Dimension_Linkを行う必要があります。

    TechDraw_Dimension_Link13次元形状
    TechDraw_Dimension_Link22次元図面に角度と辺の寸法を入れたもの

    手順

    1. 距離寸法TechDraw_Dimension、水平距離寸法TechDraw_Dimension_Horizontal、垂直距離寸法TechDraw_Dimension_Verticalと3次元形状をリンクする場合は 3D ビューでリンク対象となる3次元の辺を選択し、3次元形状とのリンクTechDraw_Dimension_Linkを実行します。

      また角度寸法TechDraw_Dimension_Angleと3次元形状をリンクする場合は 3D ビューでリンク対象となる角度を作る2辺を選択し、3次元形状とのリンクTechDraw_Dimension_Linkを実行します。

      TechDraw_Dimension_Link31辺を選択
      TechDraw_Dimension_Link4角度を作る2辺を選択
    2. 寸法と3次元形状のリンク用のダイアログが表示されるので「Available」リストからリンクしたい寸法を選択し、ボタンで「Selected」リストへ移動します。さらにOKボタンを押すと3次元形状と寸法がリンクされます。

      TechDraw_Dimension_Link_tasksリンク用のダイアログ
    3. 2次元図面を表示し、図面の更新TechDraw-redrawをするとリンクされた3次元形状の寸法で寸法値が表示されます。

      TechDraw_Dimension_Link53次元形状とのリンク結果

      リンクした後でも、寸法を選択してコンボビューのデータ・タブでプロパティー「Measure Type」を切り替えるとリンクの有効・無効を切り替えることが可能です。

      TechDraw_Dimension_Link_datatabプロパティー「Measure Type」
  • 注意点

    なし

  • 参照

    TechDraw Dimension Link - FreeCAD Documentation(英語)