トップ - 技術ドキュメント - MeshLab 使い方メモ

MeshLab の対応ファイル形式と拡張子の一覧

更新:2018/5/23
MeshLab 2016.12

MeshLab でインポート、エクスポート可能なファイル形式とその拡張子は以下の通りです。

インポート

  • 3D-Studioファイル(*.3ds)
  • Stanforld Polygonファイル(*.ply)
  • STLファイル(バイナリ/ASCII)(*.stl)
  • Alias Wavefront(*.obj)
  • Quad object(*.qobj)
  • Objectファイル(*.off)
  • PTXファイル(*.ptx)
  • VCG Dumpファイル(*.vmi)
  • Breuckmannファイル(*.bre)
  • Colladaファイル(*.dae)
  • OpenCTM圧縮ファイル(*.ctm)
  • Expe's点セット(バイナリ)(*.pts)
  • Expe's点セット(ASCII)(*.apts)
  • XYZ点群(法線有/無)(*.xyz)
  • プロテインデータバンク(*.pdb)
  • TRI(photogrammetric reconstruction)(*.tri)
  • ASC(ascii triplets of points)*.asc)
  • TXT(Generic ASCII point list)(*.txt)
  • X3D XMLエンコーディング(*.x3d)
  • X3D VRMLエンコーディング(*.x3dv)
  • VRML 2.0(*.wrl)

エクスポート

  • 3D-Studioファイル(*.3ds)
  • Stanforld Polygonファイル(*.ply)
  • STLファイル(バイナリ/ASCII)(*.stl)
  • Alias Wavefront(*.obj)
  • VRML(*.wrl )
  • DXF(*.dxf)
  • Colladaファイル(*.dae)
  • OpenCTM圧縮ファイル(*.ctm)
  • XYZ点群(法線有/無)(*.xyz)
  • JavaScript JSON(*.json)
  • U3Dファイル(*.u3d)
  • IDTFファイル(*.idtf)
  • X3Dファイル(*.x3d )

トップ - 技術ドキュメント - MeshLab 使い方メモ