↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント

オープンソースな CAE ソフトウェアのリスト

更新:2019/2/11

エンジニアリング用途で使用できる主なオープンソースなソフトウェアをまとめたリストです。

ソフトウェア名種別ライセンス公式サイト概要
FreeCAD 形状作成 LGPL Version2 https://www.freecadweb.org/ オープンソースの3次元CADです。フィーチャーベースのパラメトリックCADで、STEP 形式や IGES 形式のファイルに対応しています。CAD カーネルは Open Cascade Technology(OCCT)です。開発は個人を中心とした FreeCAD コミュニティーで行われており、対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
OpenFOAM 流体 GPL Version3 https://openfoam.org/https://www.openfoam.com/ 主に数値流体計算で使用される偏微分方程式ライブラリー、ソルバーです。パッケージ内に標準ソルバーが用意されているためプログラミングを行うことなく、流体の数値計算を実行することができます。開発元は The OpenFOAM Foundation 及び ESI Group で、対応 OS は Linux ですが、Widnwos、macOS でも動作させることができます。
ParaView ポストプロセッサー BSD https://www.paraview.org/ 3次元データ可視化ソフトウェアです。主に科学計算分野(流体計算、構造計算など)でのデータ可視化に使用されます。内部的にサーバー・クライアント構造で作成されていて、数億~数十億メッシュの大規模データでも可視化が可能です。開発元は Kitware, Inc、サンディア国立研究所、ロスアラモス国立研究所で、対応 OS は Linux、Widnwos、macOSです。
CalculiX 構造 GPL Version2+ http://www.calculix.de/ 構造計算分野で使用される有限要素法ソルバーです。ドイツのMTUエアロ・エンジンズ社の従業員チームによって開発されています。対応 OS は Linux、Irix ですがサード・パーティーによる Windows 版も入手可能です。
Palabos 流体 AGPL Version3 http://www.palabos.org/ 格子ボルツマン法に基づく流体計算ソルバー、ライブラリーです。開発は FlowKit 社とスイスのジュネーヴ大学で行なわれています。
OpenLB 流体 GPL Version2 http://optilb.org/openlb/ 格子ボルツマン法に基づく流体計算ソルバー、ライブラリーです。開発はドイツのカールスルーエ工科大学で行なわれています。macOS、Linux、Windows 上で動作します。
OpenModelica 1次元解析 GPL Version3 または OSMC パブリック・ライセンス https://www.openmodelica.org/ モデリング言語 Modelica のためのモデリング、シミュレーション環境です。GUI 上でコンポーネントを組み合わせてシステムを表現することでモデールベース設計(MBD)、1Dシミュレーションの実行、結果の表示ができます。Windows、Linux、macOS 上で動作します。
SALOME プリプロセッサー LGPL Version2.1 http://www.salome-platform.org 数値計算用の汎用プリプロセッサ・ポストプロセッサです。開発はフランス原子力庁(CEA)、フランス電力会社(EDF)、OpenCASCADE 社によって行なわれています。Linux、Windows で動作します。
Code_Aster 構造 GPL Version3 https://www.code-aster.org 構造解析・熱解析用のソルバーです。開発はフランス電力会社(EDF)によって行なわれており、Linux で動作します。
Code_Saturne 流体 GPL Version2+ https://www.code-saturne.org 流体解析用のソルバーです。開発はフランス電力会社(EDF)によって行なわれており、Linux で動作します。
SALOME-MECA 構造 GNU LGPL https://www.code-aster.org/spip.php?article146 汎用プリプロセッサ・ポストプロセッサの「SALOME」と構造解析・熱解析ソルバー Code_Aster をパッケージとして組み合わせたもので、Code_Aster の開発元によって配布されています。Linux で動作します。
DAKOTA 最適化 LGPL、(GUI は Eclipse Public License) https://dakota.sandia.gov/ 最適化のためのアプリケーションソフトウェアで、GUI 上で定義した設定に従ってパラメータースタディー、最適化を行うことができます。開発はサンディア国立研究所で行われ、対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
OpenMDAO 最適化 Apache Version 2.0 http://openmdao.org/ Python で書かれた設計解析、最適化のためのフレームワークです。開発元は NASA グレン研究センターです。
KiCAD 回路設計 GPL Version3+ http://kicad-pcb.org/ 電子回路設計とプリント基板のための CAD です。回路設計、PCBレイアウト、ガーバーファイル作成・確認などが行えます。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
OpenSCAD 形状作成 GPL Version2 http://www.openscad.org/ テキストベースの3次元 CAD です。スクリプトを記述することで形状を定義することができます。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
MeshLab 形状作成 GPL Version3 http://www.meshlab.net/ 作成済みの2次元表面メッシュを編集するためのソフトウェアです。メッシュの可視化、編集、クリーニング、修復、フォーマット変換、点群からのメッシュ作成などで使用されます。開発はイタリアの Visual Computing Lab で行われていて、対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。また iOS、Android のための機能限定バージョンもあります。
Blender 形状作成 GPL Version2+ https://www.blender.org/ CG 用のモデリングソフトウェアです。SPHベースの粒子法ソルバーやレイトレーシング機能(Cycles)が付属しています。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
Gmsh メッシャー GPL Version2+ http://gmsh.info/ 3次元メッシャーです。CAD 機能とポストプロセッシング機能も用意されています。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
Netgen/NGSolve メッシャー、マルチフィジックス LGPL Version2.1 https://ngsolve.org/ 3次元メッシャーの Netgen と、有限要素法ソルバーの NGSolve で構成されています。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
Impact 構造 GPL Version2 Impact Finite Element Program download | SourceForge.net 動的陽解法による構造解析ソルバーです。動的陽解法であるため、破断などの大変形の計算を行うことができます。 Linux、Widnwos、macOS など Java VMが動作する環境で動作します。
YADE 離散要素法 GPL Version2 https://yade-dem.org/ C++、Python で書かれた離散要素法(DEM)のためのフレームワークです。
Z88OS 構造 GPL Version2 https://z88.de/ テキストベースの有限要素法ソルバーで、静的線形解析を行うことができます。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
Elmer マルチフィジックス GPL Version2 https://www.csc.fi/web/elmer 流体、構造、電磁、伝熱、音響の解析を行うことができ、またそれらを連成することができます。開発はフィンランドの CSC – IT Center for Science で行われていて、対応 OS は Linux、Widnwos です。
SU2 流体 LGPL Version2.1 https://su2code.github.io/ 流体の数値計算を実行することができます。Adjoint 法ベースの形状最適化機能があり、また流速の速い圧縮性の流体に向いていると言われています。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
EnergyPlus 電熱 BSD https://energyplus.net/ テキストベースのソルバーで、暖房、クーラー、空調、照明を考慮した建築用のエネルギー計算を行うことができます。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
POV-Ray AGPL Version3 http://www.povray.org/ レイトレーシングソフトウェアです。光を計算する事によって物体をリアルに描画することができます。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
LuxCoreRender Apache Version 2.0 https://luxcorerender.org/ レイトレーシングソフトウェアです。光を計算する事によって物体をリアルに描画することができます。物理ベースでのレンダリングを標榜しています。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
Radiance Radiance Software License Version 1.0(BSD ライク) https://www.radiance-online.org/ レイトレーシングソフトウェアです。光を計算する事によって物体をリアルに描画することができます。計算がシンプルであり、設定が簡易である特徴があると公式ページでは説明されています。対応 OS は Linux、Widnwos、macOS です。
dolfyn 流体 Apache Version 2.0 https://www.dolfyn.net/dolfyn/index_en.html 流体用ソルバーです。Linux 上で動作します。
OpenMX 材料 GPL Version2 http://www.openmx-square.org/ 密度汎関数理論(DFT)、ノルム保存型擬ポテンシャルなどに基づいた計算によりナノスケールの材料シミュレーションを行うことができます。Linux 上で動作します。
トップ - 技術ドキュメント