↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント

OpenFOAM で使用される主要な変数名

更新:2018/3/24
OpenFOAM 4.x

OpenFOAM の標準ソルバーで使用される主な変数の一覧です。

主要な変数
変数名意味単位備考
U速度m/s
p圧力kg/(m・s2) または m2/s2単位は圧縮性の場合「kg/(m・s2)」、非圧縮性の場合「m2/s2
p_rgh圧力kg/(m・s2) または m2/s2静水圧から流体質量による圧力分を差し引いた量(p-ρgh)。単位は圧縮性の場合「kg/(m・s2)」、非圧縮性の場合「m2/s2」。
k乱流エネルギーm2/s2
epsilon乱流エネルギー散逸率m2/s3
T絶対温度K
alphat熱拡散率m2/s
nut乱流動粘性係数m2/s
nuTilda有効動粘性係数(分子粘性+乱流粘性)m2/s
phi流量kg/s または m3/s単位は圧縮性の場合「kg/s」、非圧縮性の場合「m3/s」
omega乱流エネルギー比散逸率1/s
alpha体積率無次元
Q速度勾配テンソルの第2不変量1/s2
Rレイノルズ応力テンソルm2/s2
hエンタルピー-熱計算時に thermophysicalProperties ファイルの thermoType.energy 値に従って fvSolution ファイルで使用
e内部エネルギー-熱計算時に thermophysicalProperties ファイルの thermoType.energy 値に従って fvSolution ファイルで使用

※OpenFOAMでは単位は一般に [kg m s K mol A Cd] の順で指数を指定することで定義されます。例えば速度「m/s」は [0 1 -1 0 0 0 0] と定義されます。

参照

トップ - 技術ドキュメント