トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

火炎の伝播(2次元)

更新:2018/1/29
OpenFOAM 4.x

ケース

$FOAM_TUTORIALS/combustion/XiFoam/ras/moriyoshiHomogeneous

概要

2次元空間で予混された反応剤に着火した場合の炎の様子を b-Ξ 2方程式モデルを使用して計算します。

モデル形状 モデル形状

計算領域の四方の境界 left、top、right、bottom には対称条件を設定しています。またディレクトリ constant 内のファイル combustionProperties の「ignitionSites」で下記のように着火位置として領域の左下の点 (0, 0, 0.0005) を設定しています。

ignite          yes;

ignitionSites
(
    {
        location        (0 0 0.0005);
        diameter        0.003;
        start           0;
        duration        0.003;
        strength        2;
    }
);

ignitionSphereFraction 1;
ignitionThickness ignitionThickness [0 1 0 0 0 0 0] 0.001;
ignitionCircleFraction 0.5;
ignitionKernelArea ignitionKernelArea [0 2 0 0 0 0 0] 0.001;		

また反応剤と燃焼の生成物はディレクトリ constant 内のファイル thermophysicalProperties の「reactants」、「products」でそれぞれ定義されています。

メッシュは以下の通りで、メッシュ数は2450です。

メッシュ メッシュ

計算結果は以下の通りです。

0.001秒での温度分布(T) 0.001秒での温度分布(T)
0.002秒での温度分布(T) 0.002秒での温度分布(T)
0.003秒での温度分布(T) 0.003秒での温度分布(T)
0.004秒での温度分布(T) 0.004秒での温度分布(T)
0.005秒での温度分布(T) 0.005秒での温度分布(T)

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/combustion/XiFoam/ras/moriyoshiHomogeneous
cd moriyoshiHomogeneous

blockMesh
XiFoam

paraFoam

計算時間

29.76秒 ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz

参照