トップ - 技術ドキュメント - OpenFOAM 付属チュートリアル一覧

水の飛沫の床面への付着

更新:2018/3/20
OpenFOAM 4.x
このチュートリアルは不具合によって途中で異常停止する場合があります。

ケース

$FOAM_TUTORIALS/lagrangian/reactingParcelFilmFoam/splashPanel

概要

下図の球の位置から床面に向けて水の飛沫の散布行ないます。

モデル形状 モデル形状

離散粒子の物性はディレクトリ constant 内のファイル reactingCloud1Properties で定義されています。また床面には液膜モデルを使用し、液膜の設定はディレクトリ constant 内のファイル surfaceFilmProperties で定義されています。

メッシュは以下の通りです。

メッシュ(全体) メッシュ(全体)
メッシュ(液膜モデル部分のみ) メッシュ(液膜モデル部分のみ)

計算結果は以下の通りです。本来は1秒後の結果まで計算されるはずですが、0.12秒後の結果が出力された後、異常終了しました。

時刻0.1秒での離散粒子と液膜の厚み(deltaf) 時刻0.1秒での離散粒子と液膜の厚み(deltaf)

実行コマンド

cp -r $FOAM_TUTORIALS/lagrangian/reactingParcelFilmFoam/splashPanel
cd splashPanel

cp -rf 0.orig 0
blockMesh

topoSet -dict system/wallFilmRegion.topoSet
extrudeToRegionMesh -overwrite

topoSet -region wallFilmRegion -dict system/createWallFilmRegionPatches.topoSet
createPatch -region wallFilmRegion -overwrite

paraFoam -touch
paraFoam -touch -region wallFilmRegion

reactingParcelFilmFoam

paraFoam

計算時間

--- ※シングル、Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz