↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - XSim ユーザーマニュアル

指定した領域での流量や平均値を出力する

更新:2019/6/25

指定した領域の流量を出力するには以下のようにします。

  1. 「出力」ページ下部で「領域」タブを選択します。
  2. 「領域」で流量を計測したい領域を、「タイプ」で「流量」を選択します。
  3. 設定ボタンを押すと出力設定が作成されます。
    「出力」ページの「領域」タブ
    「出力」ページの「領域」タブ
  4. 設定を削除したい場合には作成した出力設定(青い四角形)の右上の×を押します。

「タイプ」で平均値や積分値を選択し、表示される「物理量」で出力したい変数を選択すると同様の手順で指定領域での変数の平均値、積分値を出力できます。

データは OpenFOAM ケースディレクトリ内の postProcessing ディレクトリに以下のような内容のテキストファイルとして出力されます。

# Region type : patch Outlet
# Faces  :    712
# Area   :    2.003280e+02
# Time        	sum(phi)
1             	2.555360e+03
2             	2.555174e+03
3             	2.553933e+03
4             	2.572104e+03
5             	2.553510e+03
6             	2.556699e+03
7             	2.557721e+03
8             	2.556941e+03
9             	2.554023e+03
10            	2.553151e+03
11            	2.554691e+03
・・・(省略)・・・
トップ - 技術ドキュメント - XSim ユーザーマニュアル