↑ページトップへ

指定した座標点での値を出力する

更新:2019/6/25

指定した位置での物理量の値を出力するには以下のようにします。

  1. 「出力」ページ下部で「サンプリング」タブを選択します。
  2. 「物理量」で計測したい物理量(流速、圧力、温度など)を指定し、「位置」で測定位置の座標を指定します。プレビューをクリックすると 3D ビュー上に指定座標が白い点でプレビュー表示されます。
    測定位置のプレビュー
    測定位置のプレビュー
  3. 設定ボタンを押すと出力設定が作成されます。
    「出力」ページの「サンプリング」タブ
    「出力」ページの「サンプリング」タブ
  4. 設定を削除したい場合には作成した出力設定(青い四角形)の右上の×を押します。

データは OpenFOAM ケースディレクトリ内の postProcessing ディレクトリに以下のような内容のテキストファイルとして出力されます。

# Probe 0 (50 55 0)
#       Probe             0
#        Time
			1             (0.0147658 -4.4128 0.0005997)
			2             (0.0234103 -6.16495 0.0140222)
			3             (-0.0857817 -12.9339 0.0530903)
			4             (-0.00578284 -14.2731 0.208692)
			5             (-0.00674051 -13.8961 0.268186)
			6             (-0.363481 -11.7431 0.0795817)
			7             (-0.540394 -10.0883 -0.166615)
			8             (-0.63744 -9.94229 -0.131043)
			9             (-0.60769 -10.6763 -0.176582)
			10             (-0.458593 -12.2571 -0.130862)
			11             (-0.417252 -13.3228 -0.139157)
・・・(省略)・・・