*BOUNDARYF
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*BUCKLE 上へ:Input deck format 前へ:Submodel 目次へ


*BOUNDARYF

キーワードのタイプ:ステップ

このオプションは3次元流体計算の境界条件を規定するのに使用されます。境界条件には静温度、速度、静圧が含まれます。

以下の自由度が使用されています。

*TRANSFORM カードが問題の節点に適用されていない場合、ローカル方向はグローバルな方向と一致します。

オプションパラメーターとしては AMPLITUDE、TIME DELAY、USER があります。これらパラメーターの意味は *BOUNDARY カードの場合と同じです。

*BOUNDARY カードとの主な違いは以下の通りです。

従ってカードの内容は以下の様になります。


1行目:

以降の行:

必要な場合はこの行を繰り返します。ロカール面番号については *DLOAD カードを参照してください。

例:
*BOUNDARYF
22,S3,2,2,.1

上記では要素22のローカル面3の自由度2に値0.1を設定しています。変換が行なわれていない場合にはこの自由度はグローバルなY方向の速度と対応しています。


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*BUCKLE 上へ:Input deck format 前へ:Submodel 目次へ
guido dhondt 2016-03-08