*CLEARANCE
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*CLOAD 上へ:Input deck format 前へ:*CHANGE SOLID SECTION 目次へ


*CLEARANCE

キーワードのタイプ:モデル定義

このオプションを使用すると接触ペアのスレーブ面とマスター面の間の間隔を定義することができます。使用できるのは面対面の接触に対してのみです。このオプションが有効な場合には実際の間隔、スレーブ面上の積分点とそのマスター面への正射影の間の距離に基づいたオーバーラップは設定された値で上書きされます。このオプションには3つの必須パラメーター MASTER、SLAVE、VALUE があります。MASTER ではマスター面を、SLAVE ではスレーブ面を、VALUE では間隔の値を指定します。接触ペア1つに対して1つの値のみ設定できます。


1行のみ:

例:
*CLEARANCE,MASTER=SURF1,SLAVE=SURF2,VALUE=0.1

上記ではマスター面 SURF1 とスレーブ面 SURF2 の間に 0.1 単位長さの間隔を設定しています。SURF1 と SURF2 は同一の *CONTACT PAIR カードで使用されていなければなりません。


サンプルファイル: 無し



guido dhondt 2016-03-08