*CONTACT OUTPUT
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*CONTACT PAIR 上へ:Input deck format 前へ:*CONTACT FILE 目次へ


*CONTACT OUTPUT

キーワードのタイプ:ステップ

このオプションを使用すると、後で CalculiX GraphiX で可視化するために、選択された節点接触変数をファイル「ジョブ名.frd」に保存することができます。このオプションは ABAQUS との互換性のために用意されています。このオプションのとその使用法は *CONTACT FILE キーワードのものと全く同じです。

例:
*CONTACT OUTPUT,TIME POINTS=T1
CDIS,CSTR

上記では、時点系列 T1 で定義された全ての時点での相対的な接触変位と接触応力を .frd ファイルに保存しています。


サンプルファイル: 無し



guido dhondt 2016-03-08