*CONTROLS
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*COUPLED TEMPERATURE-DISPLACEMENT 上へ:Input deck format 前へ:*CONTACT PRINT 目次へ


*CONTROLS

キーワードのタイプ:ステップ

このオプションを使用するとイテレーション制御パラメーターを変更できます。自分が何を行なっているのか理解している、経験を積んだ方だけが使用してください。2つのパラメーター PARAMETERS と RESET があり、これらを同時に使うことはできません。RESET パラメーターを使用すると制御パラメーターをデフォルトにリセットできます。また PARAMETERS を使用するとデフォルトを変更できます。このパラメーターは値として TIME INCREMENTATION、FIELD、LINE SEARCH を取ります。TIME INCREMENTATION 値が選択されると特定のアクションの前に取られるイテレーション数(例えばインクリメントを再試行する発散イテレーション数)を変更して、それらのアクションに影響を与える(例えばインクリメントサイズを2で割る)ことができます。また FIELD パラメーターを使用すると収束判定値そのものを変更することができます。

LINE SEARCH を使用すると直線探索パラメーターを変更することができます(面体面のペナルティー接触の場合のみ)。直線探索パラメーターはニュートン・ラフソン法によって計算される解の補正を拡大縮小して、残留力が補正に対して直交するようにします。これには非線形方程式の解が必要であり、そのために反復プロシージャを行なうことになります。CalculiX ではこのプロシージャは以下の線形結合によって近似されます。

直線探索アルゴリズムの詳細については[78]を参照してください。

1行目:

RESET が選択されている場合は以降の行は必要ありません。

PARAMETERS=TIME INCREMENTATION が選択されている場合は以下の行を入力。

2行目:

3行目:

PARAMETERS=FIELD が選択されている場合は以下の行を入力。

2行目:

PARAMETERS=LINE SEARCH が選択されている場合は以下の行を入力。

2行目:

例:
*CONTROLS,PARAMETERS=FIELD
1.e30,1.e30,0.01,,0.02,1.e-5,1.e-3,1.e-8

上記は1イテレーションだけで収束します。これはほとんど全ての残差が収束判定されるためです($ R^{\alpha}_n=10^{30}$かつ$ C^{\alpha}_n=10^{30}$)。


サンプルファイル: beammrco


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*COUPLED TEMPERATURE-DISPLACEMENT 上へ:Input deck format 前へ:*CONTACT PRINT 目次へ
guido dhondt 2016-03-08