*CONTACT PRINT
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*CONTROLS 上へ:Input deck format 前へ:*CONTACT PAIR 目次へ


*CONTACT PRINT

キーワードのタイプ:ステップ

このオプションを使用すると、選択された節点接触変数をファイル「ジョブ名.dat」に保存することができます。選択できるのは以下の変数です。

接触の諸量は、節点対面ペナルティー接触では全てのアクティブなスレーブ節点、面体面ペナルティー接触ではスレーブ面内の全てのアクティブな積分点で保存されます。相対的な接触変位と応力は、マスター面の法線成分1つと接線成分2つで構成されます。法線成分の正の値はその法線方向の材料の重なりと圧力をそれぞれ表します。エネルギーはスカラー量です。

パラメータとしては FREQUENCY、TIME POINTS、TOTALS の3つがあります。FREQUENCY と TIME POINTS を同時に使用することはできません。

パラメーター FREQUENCY はオプションで、ステップが複数のインクリメントで構成されている非線形計算に適用されます。デフォルトは FREQUENCY=1 でこれは全インクリメントの結果を保存することを意味します。N を整数として FREQUENCY=N とするとインクリメント N 個ごとに結果を保存します。またステップの最後の結果は必ず保存されます。もし最後の結果だけを保存したい場合は N を非常に大きな値に設定してください。値 N は*OUTPUT*ELEMENT OUTPUT*EL FILE*ELPRINT*NODE OUTPUT*NODE FILE*NODE PRINT*FACE PRINT*CONTACT OUTPUT*CONTACT FILE*CONTACT PRINTに適用されます。もしこれらキーワードの複数で互いに矛盾する値 N の FREQUENCY パラメーターが使用されている場合には全てに対して最後の値が使用されます。別の FREQUENCY パラメーター、TIME POINTS パラメーターで上書きされるまで、FREQUENCY パラメーターは複数のステップにわたって有効です。

パラメーター TIME POINTS を使用すると *TIME POINTS キーワードで定義した時点系列を参照することができます。この場合にはステップ内の系列の全時点とステップ終了時の出力が得られます。他の出力は保存されず FREQUENCY パラメーターは無視されます。ステップ内で有効にできるのはひとつの時点系列だけです。複数設定された場合にはキーワード・カード *NODE FILE*EL FILE*NODE PRINT*EL PRINT*FACE PRINT の中で最後に定義されたものが有効化されます。TIME POINTS オプションをプロシージャ・カードの DIRECT オプションと一緒に使用することはできません。別の TIME POINTS パラメーター、FREQUENCY パラメーターで上書きされるまで、TIME POINTS パラメーターは複数のステップにわたって有効です。

ステップ内で *CONTACT FILE キーワード・カードが最初に現れた時点で、ファイル出力のために選択されている古い接触変数は全て消去されます。ステップ内で *CONTACT FILE が使用されていない場合には存在すれば古いステップでの選択が適用されます。

パラメーター TOTALS はエネルギーだけに適用できます。TOTALS=YES の場合には全接触定義での接触ばねエネルギーの合計が、アクティブな各スレーブ節点(節点対面接触)またはアクティブなスレーブ面積分点(面対面接触)の値に加えて別に出力されます。TOTALS=ONLY の場合には個々の寄与は表示されず、合計値のみが表示されます。TOTALS=NO(デフォルト)の場合には合計値は表示されず、個々の寄与のみが表示されます。

モデルに軸対称要素が含まれる場合、ばねエネルギーは2°の区分に適用されます。従って全ばねエネルギーを求めるにはこの値に180をかける必要があります。


1行目:

2行目:

例:
*CONTACT PRINT
CDIS

上記では全てのスレーブ節点の相対変位を .dat ファイルに保存しています。


サンプルファイル: beampkin、beamrb


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*CONTROLS 上へ:Input deck format 前へ:*CONTACT PAIR 目次へ
guido dhondt 2016-03-08