*DENSITY
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*DEPVAR 上へ:Input deck format 前へ:*DEFORMATION PLASTICITY 目次へ


*DENSITY

キーワードのタイプ:モデル定義、材料

このオプションを使うと材料の質量密度を定義することができます。周波数解析(*FREQUENCY)、動解析(*DYNAMIC または *HEAT TRANSFER)、重力荷重(GRAV)・遠心力荷重(CENTRIF)のある静解析では質量密度が必要になります。密度は温度に依存させることができます。


1行目:

以降の行:

完全な温度依存性を定義する必要がある場合はこの行を繰り返してください。

例:
*DENSITY
7.8E-9

上記では全ての温度で値7.8×10-9となる密度を定義しています。


サンプルファイル: achtelc、segment1、segment2、beamf



guido dhondt 2016-03-08