*DEFORMATION PLASTICITY
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:*DENSITY 上へ:Input deck format 前へ:*DASHPOT 目次へ


*DEFORMATION PLASTICITY

キーワードのタイプ:モデル定義、材料

このオプションを使用すると一般化された Ramberg-Osgood 則を使用して材料の弾塑性挙動を定義できます。1次元モデルは以下の形をとります。

$\displaystyle E\epsilon=\sigma + \alpha \left(\frac {\left\vert \sigma \right\vert }{\sigma_0} \right)^{n-1}\sigma$ (335)

ここで ε は対数ひずみ、σ はコーシー応力です。現在の実装では対数ひずみと非常によく似たオイラーひずみが使用されています(工学ひずみ20%において約1.3%の誤差)。係数は全て温度依存する場合があります。


1行目:

以降の行:

完全な温度依存性を定義する必要がある場合はこの行を繰り返してください。

例:
*DEFORMATION PLASTICITY
210000.,.3,800.,12.,0.4

上記では Ramberg-Osgood 則を定義しています。温度依存性は設定していません。


サンプルファイル: beampl



guido dhondt 2016-03-08