C3D20R
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Four-node tetrahedral element (C3D4 上へ:Element Types 前へ:Twenty-node brick element (C3D20) 目次へ

低減積分に対応した20節点ブリック要素(C3D20R)

C3D20R要素は汎用の2次ブリック要素(2x2x2積分点)で低減積分に対応しています。形状関数については[39]で確認することができます。 節点番号は図50の通りで、積分点は図48に従って番号付けされています。

この要素は非常に良い挙動を示し、すばらしい汎用要素です(もしあなたが長い旅路の果てにたったひとつだけ要素タイプを選ばなければならないとしたら、選ぶべきはこれです)。 等積材料挙動でも曲げでも良い結果を示し、低減積分にも関わらずアワーグラスモードが起きることはほとんどありません(アワーグラスモードは一般的には数値積分の積分点の数が不十分な時に起き、擬似モード生成では変位場は狂いますが、応力場は正しい結果になります)。低減された積分点はいわゆる要素の超集中点[7]です。注意点は2つだけです:


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Four-node tetrahedral element (C3D4 上へ:Element Types 前へ:Twenty-node brick element (C3D20) 目次へ
guido dhondt 2016-03-08