集中荷重(cload.f)
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Distributed flux (dflux.f) 上へ:User-defined loading 前へ:Concentrated flux (cflux.f) 目次へ


集中荷重(cload.f)

このサブルーチンは *CLOAD カードのパラメーター USER で特徴づけられるユーザー定義の集中荷重のために使用されます。ヘッダーと変数の意味は以下の通りです。

      subroutine cload(xload,kstep,kinc,time,node,idof,coords,vold,mi,ntrans,trab,inotr,veold)
!
!     ユーザーサブルーチン cload
!
!
!     入力:
!
!     kstep              ステップ番号
!     kinc               インクリメント番号
!     time(1)            現在のステップ時間
!     time(2)            現在の総時間
!     node               節点番号
!     idof               自由度
!     coords(1..3)       節点のグローバル座標
!     vold(0..mi(2)
!              ,1..nk)   全節点で解かれる場(モード動計算の場合:出力要求された全ての節点、または力に適用されます)
!                        0: 温度
!                        1: グローバル X 方向の変位
!                        2: グローバル Y 方向の変位
!                        3: グローバル Z 方向の変位
!                        4: 静圧
!     mi(1)              要素あたりの積分点の最大数(全要素にわたる最大値)
!     mi(2)              場での節点あたりの最大自由度(全節点にわたる最大値)。例 v(0:mi(2))
!     veold(0..3,1..nk)  全節点での解かれる場の時間微分(モード動計算の場合:出力要求された全ての節点、または力に適用されます)
!                        0: 温度変化量
!                        1: グローバル X 方向の速度
!                        2: グローバル Y 方向の速度
!                        3: グローバル Z 方向の速度
!     ntrans             変換定義の数
!     trab(1..6,i)       変換 i を定義する2点の座標
!     trab(7,i)          -1: 円筒座標返還
!                         1: 直交座標返還
!     inotr(1,j)         節点 j に適用される変換の番号
!     inotr(2,j)         節点 j での SPC。ここで変換が対応する MPC に適用される。inotr(2,j) には MPC の非同次部分のために生成差r多新しい節点の数が保持される。
!
!     出力:
!
!     xload              節点 "node" の方向 idf の集中荷重(グローバル座標)
!



guido dhondt 2016-03-08