熱輻射(radiate.f)
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Temperature (utemp.f) 上へ:User-defined loading 前へ:Boundary conditions(uboun.f) 目次へ


熱輻射(radiate.f)

このサブルーチンは RxNUy 形式の分布荷重ラベルで特徴づけられる非一様な輻射熱フラックスのために使用されます。*RADIATEを参照してください。荷重ラベルの上限は20文字です。特に y は非一様な輻射のパターンを判別するために使用できます。ヘッダーと変数の意味は以下の通りです。

      subroutine radiate(e,sink,temp,kstep,kinc,time,noel,npt,coords,jltyp,field,nfield,loadtype,node,area,vold,mi,iemchange)
!
!     ユーザーサブルーチン radiate
!
!
!     入力:
!
!     sink               現在のシンク温度
!     temp               現在の温度値
!     kstep              ステップ番号
!     kinc               インクリメント番号
!     time(1)            現在のステップ時間
!     time(2)            現在の総時間
!     noel               要素番号
!     npt                積分点番号
!     coords(1..3)       積分点のグローバル座標
!     jltyp              荷重面コード:
!                        11 = 面 1 
!                        12 = 面 2 
!                        13 = 面 3 
!                        14 = 面 4 
!                        15 = 面 5 
!                        16 = 面 6
!     field              現在は不使用
!     nfield             現在は不使用(値=1)
!     loadtype           荷重タイプラベル
!     node                現在は不使用
!     area               積分点によってカバーされる面積
!     vold(0..4,1..nk)   全節点で解かれる場
!                        0: 温度
!                        1: グローバル X 方向の変位
!                        2: グローバル Y 方向の変位
!                        3: グローバル Z 方向の変位
!                        4: 静圧
!     mi(1)              要素あたりの積分点の最大数(全要素にわたる最大値)
!     mi(2)              場での節点あたりの最大自由度(全節点にわたる最大値)。例 v(0:mi(2))。
!
!     出力:
!
!     e(1)               輻射率の大きさ
!     e(2)               不使用:値を代入しないでください
!     sink               シンク温度(空洞輻射では定義不要)
!     iemchange          ステップ内で輻射率が変化する場合1、それ以外の場合0
!



guido dhondt 2016-03-08