6節点ウェッジ要素(C3D6とF3D6)
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Fifteen-node wedge element (C3D15) 上へ:Element Types 前へ:Ten-node tetrahedral element (C3D10) 目次へ

6節点ウェッジ要素(C3D6とF3D6)

C3D6は汎用のウェッジ要素(2積分点)です。形状関数については[1]で確認することができます。節点番号は図54の通りです。

図54: 6節点ウェッジ要素
\begin{figure}\epsfig{file=C3D6.eps,width=10cm}\end{figure}

この要素は完璧を期すために用意されていますが、大量にしない限り構造計算には不適切です(要素が硬すぎるのです)。代わりに15節点ウェッジ要素を使うようにしてください。

F3D6要素は対応する流体要素です。



guido dhondt 2016-03-08