↑ページトップへ

FreeCAD 3次元オブジェクトの拡大縮小

更新:2020/5/14
FreeCAD 0.18

3次元の形状を拡大縮小する方法を説明します。

図. 3次元の形状の拡大縮小
3次元の形状の拡大縮小
  1. ワークベンチをドラフトワークベンチWorkbench_Draftへ切り替えます。

  2. モデルツリー上で拡大縮小したい形状を選択し、クローンを作成「クローン」アイコンします。

    図. モデルツリー上の元形状(Body)とクローン
    モデルツリー上の元形状(Body)とクローン
  3. 作成直後はクローンは元形状と重なった状態になっています。モデルツリー上で作成したクローンを選択して Data タブの「Position」プロパティーで位置を変更します。

    図. Data タブの「Position」プロパティー
    Data タブの「Position」プロパティー
    図. 元形状とクローン
    元形状とクローン
  4. モデルツリー上で作成したクローンを選択して Data タブの「Scale」プロパティーで XYZ 各方向の拡大縮小率を指定します。変更が反映されない場合は F5 キーを押して状態を更新します。

    図. Data タブの「Scale」プロパティー
    Data タブの「Scale」プロパティー
    図. 元形状とクローン
    元形状とクローン
  5. 拡大縮小前の元形状が不要な場合はモデルツリー上で元形状を選択し、右クリックメニューの「Toggle Visibily」で非表示にします。

    図. 右クリックメニューの「Toggle Visibily」
    右クリックメニューの「Toggle Visibily」

元形状に変更を加えるとクローンに変更結果が反映されます。

関連