↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 3次元形状から2次元ビューを作成

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作指定された3次元形状を指定方向に射影して2次元形状を作成します。
    アイコンDraft_2DShapeView
    ショートカットキーなし
    メニュー[Draft]-[Shape 2D view]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    1. モデルツリー上で3次元形状を選択し、3次元形状から2次元ビューを作成Draft_2DShapeViewを実行すると2次元ビューが作成されます。

      Draft_2DShapeView-modeltree2次元ビュー作成後のモデルツリー

      初期状態では射影方向は2次元ビュー作成時の視線方向、投影面はXY平面になっています。

      Draft_2DShapeView-3d元形状となる3次元形状
      Draft_2DShapeView-2d作成された2次元ビュー
    2. モデルツリー上で2次元ビューを選択し、コンボビューのデータ・タブでプロパティーを変更することで投影面、投影面上での位置、射影方向などを変更できます。

      Draft_2DShapeView-datatab2次元ビューのプロパティー
      • 投影面を変更する場合は「Placement」の「Axis(回転軸)」、「Angle(回転角度)」を変更します。
      • 投影面上での位置を変更する場合は「Position」を変更します。
      • 射影方向を変更する場合は「Projection」を変更します。
  • 注意点

    • 2次元ビューを作成時に3次元形状ではなく、3次元形状の面を選択している場合、2次元ビューのプロパティー「Projection Mode」で「individual faces」を選択するとその面だけの2次元ビューを表示できます。
    • 建築ワークベンチの断面オブジェクトArch_SectionPlaneを選択して2次元ビューを作成すると、射影方向は断面オブジェクトの法線が使用されます。
    • 建築ワークベンチの断面オブジェクトArch_SectionPlaneを選択して2次元ビューを作成すると、断面での2次元ビューが作成されます。
  • 参照

    Draft_Shape2DView/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ