↑ページトップへ

FreeCAD ドラフトワークベンチ

更新:2019/6/5
FreeCAD 0.19
  • 概要

    ドラフトワークベンチを使用すると2次元図面の作成を行うことができます。ウィンドウ上からはツールバーのWorkbench_Draft、またはメニューの[View]-[Workbench]-[Draft]で切り替えが可能です。

    基本的な作業手順は次のようになります。

    1. 作業平面の選択Draft_SelectPlane-toolbar.pngをクリックして、2次元図面を描く平面を選択します。
    2. グリッドを表示Draft_Gridし、必要に応じてグリッドの格子へのスナップSnap_Gridなどを有効にします。
    3. オブジェクト作成ツールを使って2次元形状(Draft_WireDraft_Circleなど)や寸法Draft_Dimensionを作業面上に描きます。

      DraftWorkbench12次元形状や寸法の作成
    4. 必要に応じてオブジェクト編集ツールを使って2次元形状の位置や向き、方向、個数などを編集します。

      DraftWorkbench22次元形状をコピーして円形に配置
    5. ドラフトワークベンチで作成した2次元形状はパートワークベンチWorkbench_Partの押し出しツールPart_Extrudeを使って3次元形状にすることができます。

      DraftWorkbench3押し出しによる3次元化

      ただし3次元形状を作成する場合はドラフトワークベンチではなく、パートデザインワークベンチWorkbench_PartDesignを使用するのが一般的です。

  • ツール

    汎用ツール
    Draft_VisGroup レイヤーの追加 形状の色や線幅を統一できるレイヤーを追加します。
    Draft_PlaneProxy プロキシーオブジェクトの作成 視点や各オブジェクトの表示状態を保存・復元するプロキシーオブジェクトを作成します。
    Draft_SwitchMode オブジェクトの表示モードの切り替え オブジェクトの表示モード(面表示、線表示)を切り替えます。
    Draft_AddToGroup オブジェクトをグループへ追加 指定したオブジェクトをグループ、またはレイヤーへ追加します。
    Draft_SelectGroup グループの選択 指定したグループ内のオブジェクトを全て選択状態にします。
    Draft_AddConstruction オブジェクトを構築グループへ追加 指定したオブジェクトを構築グループへ追加します。
    Draft_Heal 古いデータを修復 古いバージョンのFreeCADで作成した形状データを最新状態に修復します。
    Draft_Continue 続行モードの切り替え オブジェクト作成時の続行モードの有効・無効を切り替えます。
    Draft_AutoGroup 自動グループ化 レイヤーを指定して、以降に作成した形状を全てそのレイヤーへ移動します。
    Draft_Snap スナップツールバーの表示 スナップツールバーの表示・非表示を切り替えます。
    Draft_SelectPlane 作業平面の設定 2次元形状を描画する作業平面を設定します。
    Draft_Construction 構築モードへの切り替え 構築モードの有効・無効を切り替えます。
    Draft_Apply オブジェクトへの設定適用 線の色、面の色、線の太さ、フォント・サイズを設定します。
    オブジェクト作成ツール
    Draft_Line 直線の作成 入力された2点の座標から直線を作成します。
    Draft_Wire ワイヤーの作成 入力された複数点の座標から連続する線を作成します。
    Draft_Fillet 角の丸め・角取り 入力された角をなす2線から角を丸め、または面取りした線を作成します。
    Draft_Arc 円弧の作成(1) 入力された中心、半径、切り取り角度から円を作成します。
    Draft_Arc_3Points 円弧の作成(2) 入力された3点から円弧を作成します。
    Draft_Circle 円の作成 入力された中心、半径から円を作成します。
    Draft_Ellipse 楕円の作成 入力された2点の座標から楕円を作成します。
    Draft_Rectangle 長方形の作成 入力された2点の座標から長方形を作成します。
    Draft_Polygon 正多角形の作成 指定された外接円、辺の数を持つ正多角形を作成します。
    Draft_BSpline B-スプライン曲線の作成 入力された複数の点を制御点としてB-スプライン曲線を作成します。
    Draft_BezCurve ベジェ曲線の作成 入力された複数の点を制御点としてベジェ曲線を作成します。
    Draft_CubicBezCurve 3次ベジェ曲線の作成 入力された複数の点を制御点として3次ベジェ曲線を作成します。
    Draft_Point 点の作成 入力された座標から点を作成します。
    Draft_Facebinder フェイスバインダーの作成 複数の面をまとめて1つの面を作成します。
    Draft_ShapeString 文字列形状の作成 入力された文字列から形状を作成します。
    注釈ツール
    Draft_Text テキストを作成 入力された文字列からテキストを作成します。
    Draft_Dimension 寸法線の作成 入力された2点、または1辺から寸法線を作成します。
    Draft_Label ラベルの作成 任意文字列、オブジェクト名、寸法などの文字列情報のラベルを作成します。
    Draft_Annotation_Style 注釈スタイルの編集 注釈オブジェクトのスタイルを編集します。
    オブジェクト編集ツール
    Draft_Move 移動 選択したドラフトオブジェクトを移動します。
    Draft_Rotate 回転 選択したドラフトオブジェクトを回転します。
    Draft_Scale スケールによる拡大縮小 ドラフトオブジェクトを任意の縦横比で拡大または縮小します。
    Draft_Mirror 鏡像コピー 入力された2点の座標を通る直線を対称線として鏡像コピーを行います。
    Draft_Offset オフセットによる拡大縮小 ドラフトオブジェクトをオフセットして拡大または縮小します。
    Draft_Trimex トリメックス 線分のトリム・延長、面の押し出しを行います。
    Draft_Stretch 伸縮 指定したオブジェクトの特定の点を移動します。
    Draft_Clone クローン オブジェクトのクローンを作成します。クローンには元オブジェクトに加えたパラメトリックな変更が反映されます。
    Draft_Array 整列コピー オブジェクトをコピーして格子状に並べます。
    Draft_PolarArray 軸周整列コピー オブジェクトをコピーして軸周状に並べます。
    Draft_CircularArray 環状整列コピー オブジェクトをコピーして環状に並べます。
    Draft_PathArray 経路に沿ってコピー オブジェクトをコピーして指定された経路に沿って並べます。
    Draft_PathLinkArray 経路に沿ってリンク作成 オブジェクトのリンクを作成して指定された経路に沿って並べます。
    Draft_PointArray 点群の各点の位置にコピー オブジェクトをコピーして点群(コンパウンド、ブロック、スケッチなど)の各点の位置に配置します。
    Draft_PointLinkArray 点群の各点の位置にリンク作成 オブジェクトのリンクを作成して点群(コンパウンド、スケッチなど)の各点の位置に配置します。
    Draft_PathTwistedArray 経路に沿って螺旋状にコピー オブジェクトをコピーして指定された経路に沿って螺旋状に並べます。
    Draft_PathTwistedLinkArray 経路に沿って螺旋状にリンク作成 オブジェクトのリンクを作成して指定された経路に沿って螺旋状に並べます。
    Draft_Edit 編集(1) 選択したドラフトオブジェクトの制御点を編集して形状を変更します。
    Draft_SubelementHighlight 編集(2) 選択したドラフトオブジェクトの制御点を編集して形状を変更します。
    Draft_Join ワイヤーの結合 複数のワイヤーを1本に結合します。
    Draft_Split ワイヤーの分割 1本のワイヤーを2本に分割します。
    Draft_Upgrade アップグレード 面の集合を1つの面に、エッジの集合をワイヤーに、という様に形状を上位の形状に変換します。
    Draft_Downgrade ダウングレード 立体を面の集合に、面をワイヤーに、という様に形状を下位の形状に変換します。
    Draft_WireToBSpline ワイヤーからB-スプライン曲線を作成 既存のワイヤーからB-スプライン曲線を作成します。
    Draft_Draft2Sketch ワイヤーとスケッチの相互変換 スケッチとワイヤー(ドラフトオブジェクト)を相互に変換します。
    Draft_Slope ワイヤーの傾斜 ワイヤーをそれが乗る平面に垂直な方向に傾けます。
    Draft_FlipDimension 寸法表示の反転 寸法線の寸法表示の向きを反転します。
    Draft_2DShapeView 3次元形状から2次元ビューを作成 指定された3次元形状を指定方向に射影して2次元形状を作成します。
    スナップ設定ツール
    Snap_Lock 全スナップの有効・無効を切り替え 全ての種類のスナップの有効・無効を切り替えます。
    Snap_Endpoint 端点へスナップ 直線・円弧の端点にスナップします。
    Snap_Midpoint 中点へスナップ 直線・円弧の中点にスナップします。
    Snap_Center 中心点へスナップ 円・円弧の中心点にスナップします。
    Snap_Angle 一定角度ごとにスナップ 円・円弧の周上の30度、45度ごとの点にスナップします。
    Snap_Intersection 交点へスナップ 線が交わっている位置にスナップします。
    Snap_Perpendicular 垂直位置へスナップ 直線・円弧に対して線が垂直に交わる位置にスナップします。
    Snap_Extension 延長線上へスナップ 直線の端点から延長した線上にスナップします。
    Snap_Parallel 直線と平行になる点へスナップ 直線作成時に既存の直線と平行になる点にスナップします。
    Snap_Special 特殊点へスナップ オブジェクト固有の特殊点へスナップします。
    Snap_Near 近接オブジェクトへスナップ マウスカーソル位置から最も近いオブジェクトの最近接点にスナップします。
    Snap_Ortho 一定角度での交線上へスナップ 直線と平行な線(0度)、または45度、90度で交わる線上にスナップします。
    Snap_Grid グリッドへスナップ グリッドの格子点にスナップします。
    Snap_WorkingPlane 選択点が作業平面上になるよう設定 作業平面外の座標を選択した場合に、選択点が作業平面上に乗る様に一時的に作業平面を移動させます。
    Snap_Dimensions 寸法線の端点へスナップ 寸法線の端点にスナップします。
    Draft_Grid グリッドの表示・非表示を切り替え 作業平面上のグリッドの表示・非表示を切り替えます。

参照