↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 整列コピー

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作オブジェクトをコピーして格子状、または円形状に並べます。
    アイコンDraft_Array
    ショートカットキーなし
    メニュー[Draft]-[Array]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    • 格子状に配置

      1. 格子状に配置したいオブジェクトをモデルツリー上で選択し、整列ツールDraft_Arrayを実行します。

      2. モデルツリーで新たに作成された「Array」を選択するとコンボビュー下部にあるデータ・タブで整列コピーの各プロパティーを選択できます。

        格子状に配置する場合は「Array Type」として「ortho」を選び、X、Y、Zの各方向のコピー数をそれぞれ「Number X」、「Number Y」、「Number Z」に入力し、各方向のコピー間の間隔を「Interval X」、「Interval Y」、「Interval Z」に入力します。

        Draft_Array-ortho-combo格子状整列コピーのコンボビュー
        Draft_Array-ortho-3d格子状整列コピーの結果

    • 円状に配置

      1. 格子状に配置したいオブジェクトをモデルツリー上で選択し、整列ツールDraft_Arrayを実行します。

      2. モデルツリーで新たに作成された「Array」を選択するとコンボビュー下部にあるデータ・タブで整列コピーの各プロパティーを選択できます。

        円状に配置する場合は「Array Type」として「polar」を選び、円方向のコピー数を「Number Polar」に入力します。

        Draft_Array-ortho-combo格子状整列コピーのコンボビュー
        Draft_Array-ortho-3d格子状整列コピーの結果

    • 設定できるプロパティー

      整列コピー固有のプロパティーは以下のとおりです。

      整列コピーのプロパティー
      プロパティー意味
      Angle円状コピー時に使用される、コピー配置範囲の角度
      Array Type整列コピーのタイプ。「ortho(格子状)」、「polar(円状)」のいずれか。
      Axis円状コピー時に使用される、円の軸方向ベクトル
      Base整列コピー元のオブジェクト
      Center円状コピー時に使用される、円の中心位置
      Fuseコピー結果を結合(ブーリアン演算)するかどうか
      Interval Axis円状コピー時に使用される、コピーごとの円の軸の間隔。通常は(0, 0, 0)。
      Interval X格子状コピー時に使用される、X方向のコピー間の間隔
      Interval Y格子状コピー時に使用される、Y方向のコピー間の間隔
      Interval Z格子状コピー時に使用される、Z方向のコピー間の間隔
      Number Polar円状コピー時に使用される、コピー数
      Number X格子状コピー時に使用される、X方向のコピー数
      Number Y格子状コピー時に使用される、Y方向のコピー数
      Number Z格子状コピー時に使用される、Z方向のコピー数
  • 注意点

    ドラフトオブジェクト以外のオブジェクトに対しても整列コピーを行うことができます。

  • 参照

    Draft_Array/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ