↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD ベジェ曲線の作成

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作入力された複数の点を制御点としてベジェ曲線を作成します。
    アイコンDraft_BezCurve
    ショートカットキーB,Z
    メニュー[Draft]-[BezCurve]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    • マウス操作による作成の場合

      1. ベジェ曲線の作成Draft_BezCurveを実行し、3Dビュー上でクリックしていくと制御点が追加されていきます。

        Draft_BezCurve-3d-1制御点の入力
      2. ダブルクリックするか、Escキーを押すとベジェ曲線の作成が終了します。

        Draft_BezCurve-3d-2ベジェ曲線
    • ダイアログ入力による作成の場合

      1. ベジェ曲線の作成Draft_BezCurveを実行するとコンボビューのタスクタブにベジェ曲線の作成用のダイアログが表示されます。

        Draft_BezCurve-tasksベジェ曲線作成用ダイアログ
      2. 座標 X、Y、Z を入力し「Enter point」をクリックするとベジェ曲線の制御点が追加されます。
      3. Finishボタンをクリックするとベジェ曲線の作成が終了します。

    オプションは以下の通りです。

    • Relative:チェックが入れられている場合(Alt+Rキーで切り替え)、次に入力する値は前の座標に対する相対座標として扱われます。
    • Filled:チェックが入れられている場合(Alt+Iキーで切り替え)、ベジェ曲線が閉じている場合に面が張られます。これは作成後にコンボビューのビュー・タブの「Display Mode」で「Flat Lines」に切り替えた場合と同じ動作です。
    • Continue:チェックが入れられている場合(Alt+Nキーで切り替え)、連続して複数のベジェ曲線を作成できます。
    • Undoボタン:実行すると最後に入力した点が取り消されます(Alt+Uキーで実行)。
    • Closeボタン:始点と終点の間に線分を追加してベジェ曲線の作成を終了します(Alt+Oキーで実行)。
    • Wipeボタン:編集中のベジェ曲線を消去してベジェ曲線の作成を再開します(Alt+Wキーで実行)。
    • Set WPボタン:編集中の端点が原点となるように作業平面を再設定します(Alt+Sキーで実行)。

    またXキー、Yキー、Zキーを押すと入力がそれぞれの軸方向に制限されます。

  • 注意点

    作成後に制御点を変更する場合はドラフトオブジェクトの編集Draft_Editを使用します。

  • 参照

    Draft_BezCurve/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ