↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD オブジェクトから制御点を削除

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作ワイヤー、B-スプライン曲線などから制御点を削除します。
    アイコンDraft_DelPoint
    ショートカットキーなし
    メニュー[Draft]-[Remove Point]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    1. モデルツリー上でドラフトオブジェクトを選択して、オブジェクトへの制御点削除Draft_DelPointを実行するとコンボビューのタスクタブに制御点削除用のダイアログが表示されます。

      Draft_DelPoint-tasks制御点削除用ダイアログ
    2. 編集用ダイアログ表示中には3Dビュー上にオブジェクトの制御点が黒く表示されます。

      Draft_Edit-3d制御点が表示されたワイヤー

      3Dビュー上で制御点をクリックするとその制御点が削除されます。

      Draft_Edit-removePoint制御点削除の例
    3. 編集用ダイアログのCloseまたはFinishを押すと編集処理が終了します。

  • 注意点

    制御点を移動する場合はドラフトオブジェクトの編集Draft_Editを使用します。

  • 参照

    Draft_DelPoint/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ