↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD ダウングレード

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作立体を面の集合に、面をワイヤーに、という様に形状を下位の形状に変換します。
    アイコンDraft_Downgrade
    ショートカットキーD,N
    メニュー[Draft]-[Downgrade]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    1. 3Dビュー上でダウングレードさせるオブジェクトをクリックして選択します。Ctrlキーを押しながらクリックすると複数のオブジェクトを選択できます。

    2. ダウングレードDraft_Downgradeを実行すると選択されたオブジェクトが下位形状に変換されます。変換の規則は次の通りです。

      ダウングレードの変換規則
      選択オブジェクトダウングレードの結果
      複数のオブジェクト1つ目のオブジェクトから2つ目以降のオブジェクトが減算(ブーリアン演算)されます。
      1つのブーリアン・オブジェクト非ブーリアン・オブジェクトに変換されます。
      1つの立体立体を構成する複数の面に変換されます。
      1つの面面の輪郭を構成するワイヤーに変換されます。
      1つのワイヤーワイヤーを構成する複数のエッジに変換されます。

      ダウングレードでは例えば以下の様に形状が変換されていきます。

      1. Draft_Downgrade-multiobjectダウングレード前の複数の面
      2. Draft_Downgrade-face面の減算(ブーリアン演算)
      3. Draft_Downgrade-wireワイヤーへの変換
      4. Draft_Downgrade-edgesエッジへの変換(変換後にエッジ位置を調整済み)
  • 注意点

    なし

  • 参照

    Draft_Downgrade/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ