↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD ドラフトオブジェクトとスケッチの相互変換

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作スケッチとワイヤー(ドラフトオブジェクト)を相互に変換します。
    アイコンDraft_Draft2Sketch
    ショートカットキーなし
    メニュー[Draft]-[Draft to Sketch]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    • スケッチからワイヤーへの変換

      モデルツリー上でスケッチを選択して、ドラフトオブジェクトとスケッチの相互変換Draft_Draft2Sketchを実行すると、スケッチと同じ形状のワイヤーが作成されます。

      Draft_Draft2Sketch-tree-sketch変換前
      Draft_Draft2Sketch-tree-draft-result変換後(元スケッチ非表示)

      変換直後はスケッチとワイヤーが重なった状態なので、ツリー上でスケッチを選択し、スペースキーを押して非表示にし、ワイヤーの形状を確認します。

    • ドラフトオブジェクトからスケッチへの変換

      モデルツリー上でドラフトオブジェクト(ワイヤー、円、長方形など)を選択して、ドラフトオブジェクトとスケッチの相互変換Draft_Draft2Sketchを実行すると、ドラフトオブジェクトと同じ形状のスケッチが作成されます。

      Draft_Draft2Sketch-tree-dwire変換前
      Draft_Draft2Sketch-tree-sketch-result変換後(元ドラフトオブジェクト非表示)

      変換後のスケッチはXY平面上に配置されます。

  • 注意点

  • 参照

    Draft_Draft2Sketch/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ