↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 2次元図面の作成

更新:2018/6/10
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作指定された2次元オブジェクトから2次元図面を作成します。
    アイコンDraft_Drawing
    ショートカットキーD,D
    メニュー[Draft]-[Drawing]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    1. モデルツリー上で2次元図面に追加したいオブジェクトを選択し、2次元図面への変換Draft_Drawingを実行すると、モデルツリーに新たにページオブジェクトと図面要素が作成されます。

      Draft_Drawing-tree作成された2次元図面(モデルツリー)
    2. モデルツリー上でページをダブルクリックすると作成された2次元図面が表示されます。

      Draft_Drawing-3d元オブジェクト
      Draft_Drawing-page作成された2次元図面の表示
    3. 初期状態では図面要素の位置や拡大率は図面サイズに合わせられていないので、モデルツリー上で図面要素を選択し、コンボビューのタスク・タブで位置や拡大率を調整します。

      Draft_Drawing-datatab位置や拡大率の調整
  • 注意点

    • 変換時に既にページが存在する場合にはそのページに図面要素が追加されます。
    • 変換時に既存のページに同名の図面要素がある場合はその要素が上書きされます。
    • 作成した2次元図面はドローイングワークベンチDrawing workbenchにあるページの保存Drawing_SaveでSVG形式のファイルとして出力可能です。
  • 参照

    Draft_Drawing/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ