↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 鏡像コピー

更新:2018/6/11
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作入力された2点の座標を通る直線を対称線として鏡像コピーを行います。
    アイコンDraft_Mirror
    ショートカットキーM,I
    メニュー[Draft]-[Mirror]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    1. モデルツリー上でコピー元となるオブジェクトを選択し、鏡像コピーDraft_Mirrorを実行するとコンボビューのタスクタブに鏡像コピー用のダイアログが表示されます。

      Draft_Mirror-tasks鏡像コピーの結果
    2. 3Dビュー上で2点をクリックして直線を指定すると「視線方向ベクトルと平行、かつ指定された直線を含む平面」が対称面として設定され、鏡像コピーが行われます。

      Draft_Mirror-3d-line対称線の入力
      Draft_Mirror-3d-result鏡像コピーの結果

      直線の入力時にはXキー、Yキー、Zキーを押すと入力がそれぞれの軸方向に制限されます。

    3. 鏡像コピー作成後に、モデルツリー上で鏡像コピーを選択してコンボビューのデータ・タブ上で値を変更すると対称面を変更できます。

      Draft_Mirror-datatab鏡像コピーのデータ・タブ

      鏡像コピーに固有のプロパティーは以下のとおりです。

      鏡像コピーのプロパティー
      プロパティー意味
      Base対称面の原点
      Normal対称面の法線方向
  • 注意点

  • ドラフトオブジェクト以外のオブジェクトに対しても鏡像コピーを行うことができます。

  • 参照

    Draft_Mirror
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ