↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 経路に沿ってコピー

更新:2018/6/11
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作オブジェクトをコピーして指定された経路に沿って並べます。
    アイコンDraft_PathArray
    ショートカットキーなし
    メニュー[Draft]-[PathArray]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    1. コピー元となるオブジェクトと、経路として使用するオブジェクト(ワイヤーやB-スプライン曲線、ベジェ曲線など)を用意します。

      Draft_PathArray-modeltree-beforeコピー前の状態(モデルツリー)
      Draft_PathArray-3d-beforeコピー前の状態(3Dビュー)
    2. モデルツリー上でまずコピー元となるオブジェクトを選択し、次に経路として使用するオブジェクトを選択します。その状態で経路に沿ってコピーDraft_PathArrayを実行すると経路に沿ってコピーが作成されます。

      Draft_PathArray-modeltree-afterコピー結果(モデルツリー)
      Draft_PathArray-3d-afterコピー結果(3Dビュー)
    3. モデルツリー上で経路に沿ったコピーを選択し、コンボビューのデータ・タブ上で値を変更することでコピー数や経路に対するオブジェクトの位置を変更できます。

      Draft_PathArray-datatab経路に沿ったコピーのデータ・タブ
      Draft_PathArray-3d-alterコピー数、経路に対する位置を変更(3Dビュー)

      経路に沿ったコピーに固有のプロパティーは以下のとおりです。

      経路に沿ったコピーのプロパティー
      プロパティー意味
      Alignコピーの向きを揃えるかどうか
      Baseコピー元のオブジェクト
      Countコピー数
      Path Obj経路として使用しているオブジェクト
      Xlate経路に対するコピーの相対位置
  • 注意点

    • スケッチを経路として使用することができます。

    • ドラフトオブジェクト以外のオブジェクトに対しても整列コピーを行うことができます。

  • 参照

    Draft_PathArray/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ